WB工法とは 1.「通気断熱」で省エネを実現

北野木材販売では、木材の呼吸を最大限に活かした「WB工法」での住宅作りをお勧めしています。
なぜ「WB工法」なのか?「WB工法」とは何なのか?北野木材販売が「WB工法」にこだわる理由を、3つのポイントでご説明します。

まず一つ目のポイントは「通気断熱」です。

通気断熱の原点

私達人間は、自分自身が快適に生活するために衣服に吸湿性の高い綿や、保温効果の高い羊毛を選びます。寒ければ重ね着をし、暑ければ脱いで調節をします。蒸し暑くて汗をかけば下着が汗を吸い取って発散させるような湿度の調整も、ごく自然に行っています。
家も人間と同様に汗をかき、気温変化にも大きく影響を受けています。通気断熱WB工法の原点は、家づくに人間と衣服との関係と同じ考えをすることです。

通気断熱の原点イメージ

従来の高気密住宅

従来、住宅の省エネルギーといえば、一度暖めた空気や冷やした空気を逃がさず閉じこめることが最善の方法とされてきました。そのためには、徹底的に高気密化を目指すことが省エネの模範解答と思われていましたが、高気密化住宅には多くの弊害が起こってきたことは周知の通りです。
また一方、高気密化住宅は機械換気が必要になるため、電気代が余計にかかるばかりか、換気装置のメンテナンス料も加わってしまい、決して省エネとはいえません。

冬暖かく、夏涼しい通気断熱WB工法

「形状記憶式自動開閉装置」が自然の熱を感知し、自動的に開閉して通気層を冬は保温層に、夏は冷却層にしてくれるのが基本のメカニズム。つまり、通気層によって断熱効果を生み出すわけです。
そしてWB工法には、もう一つ重要なポイントがあります。
家中に効果を及ぼす室内対流扇と、各部屋に効果のある室内空気循環装置「省エネ君ヨドマーズ」(特許)です。WB工法の補完的な装置で、室内の空気を穏やかに対流させて、空気のよどみや床と天井の温度差を解消し、省エネを実現します。

通気断熱WB工法イメージ WB工法詳細はこちらから

WB工法FAQ「『通気断熱』で省エネを実現」編

「通気断熱」とはどういう意味ですか?
夏は壁の中の空気を通気させることによって家を涼しくさせ、冬は空気の流れをとめ、空気層を使い断熱をするという意味です。たとえば、私たちは夏はTシャツで冬は暖をとるために重ね着しますが、空気の流れをつかい家にも同様の仕組みを実現しました。
WB工法はなぜ省エネなのですか?
省エネ・暖かといって造られた高気密住宅からシックハウス病が生まれ、その問題点を解決するために24時間の強制換気を取付、電気量を使い、せっかく暖めた空気を1日に12回も入替えしているのが現状の住宅です。しかし、WB工法で住宅を建てれば24時間の強制換気が必要が無いことが国土交通省大臣によって認可されています。しかも、シックハウスになりません。

WB工法オープンハウスのご案内

北野木材販売では、WB工法のオープンハウスを公開して、皆さまのご来場をお待ちしております。(※事前の予約が必要です)

WB工法についてのお問い合わせ・資料請求はこちら
ページの先頭に戻る